耳が臭い、耳が汚い。犬の外耳炎について

耳が臭い、耳が汚い、頻繁に頭を振ったり耳を後ろ足で掻いたりしている。そんな症状がみられたら、外耳炎を引き起こしているかもしれません。
外耳炎は早期治療が大切です。慢性外耳炎では80%の症例で中耳炎を併発しているという報告もあります。

 

外耳炎ってなに?

外耳炎とは、耳介から鼓膜までの領域(外耳道)に認める皮膚炎の総称です。

外耳炎になる病因は、以下3つがあります。
①炎症の原因
②炎症の素因
③悪化因子

単に炎症を止めるだけでなく3つの因子を複合的に考える必要があります。

外耳炎の原因

  • 外傷:自傷(ワンちゃんの掻く力が強い等)、不適切な処置
  • 湿疹:脂漏、アトピー性皮膚炎、食物・寄生虫によるアレルギー 等
  • 異物
  • 感染症
  • その他:免役介在性疾患等
  • 外耳炎の素因

  • 先天的要因:構造(狭い耳道、大量の耳毛、垂れた耳等)、機能(脂漏等)
  • 後天的要因:季節、不適切な処置、ストレス等
  • 外耳炎の悪化因子

  • 二次感染:細菌感染(耐性菌、バイオフィルム形成等に注意)
  • 病理的変化:ポリープ、肥厚、慢性炎症、石灰化 等
  • 治療

    外耳炎の治療ではまず細菌や酵母などの二次感染をしっかりとコントロールし、痒み等の炎症をしっかりと抑える治療を行います。
    そして原発疾患が疑われる場合は、原発疾患を精査・治療することで外耳炎の根本治療を行います。
    また、外耳炎の中には自宅で処置できず良化できない場合もあります。
    ご自宅での処置が不要な薬剤もありますので獣医師にご相談ください。


    いつもお読みいただきありがとうございます

    ■院長 田代 雄太郎

    当動物病院では、動物たちと飼い主様と獣医師でタッグを組んで、正面から向き合って診療・治療を行ってまいります。



    ■オンライン予約

    時間指定をご希望のオーナーさまは、こちらからご予約ください。
    オンライン予約はこちら

    ■動物病院専用ペットフード販売

    当院ではドクターズシリーズを取り扱っています。
    ペットの食事指導についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。
    ペットフード販売はこちら

    関連記事

    1. 仔犬・仔猫の寄生虫由来の下痢~コクシジウム編~

    2. 仔犬の咳!ケンネルコフ(伝染性気管気管支炎)について

    3. 令和2年も発生。マダニが媒介する病気【SFTS】

    4. 潜在精巣(せんざいせいそう)、停留精巣(ていりゅうせいそう)、陰睾(い…

    5. 仔犬・仔猫の寄生虫由来の下痢~ジアルジア編~

    6. ドックフードでどれを食べたらよいの?part1