仔犬の咳!ケンネルコフ(伝染性気管気管支炎)について

子犬をお家に迎え入れた後、咳や鼻水が目立つということはありませんか?
もしかすると、その子はケンネルコフ(伝染性気管気管支炎)を発症しているかもしれません。
咳の原因はウイルスや細菌など様々です。
を特徴とする仔犬の呼吸器病、すべてひっくるめて「ケンネルコフ」と総称しています。

症状

咳、鼻汁や目ヤニがでる、発熱、元気食欲低下 など

症状が進行すると肺炎を起こし呼吸困難になることがあります。
ケンネルコフは、咳等の初期症状がでるのに3日から7日程度の潜伏期間があります。

潜伏期間が終わるとケンネルコフが発症し、咳等の初期症状が出現します。
お迎え当日が元気いっぱいでも数日して咳が目立つことも多いので注意が必要です。

治療

わんちゃんの状態によって下記の治療を組み合わせます。

・ネブライザー療法
・抗生物質、消炎剤、気管支拡張薬、去痰薬による内科療法

原因

多くの場合、ドッグラン、公園、動物病院など犬が集まる場所で感染しているイヌの唾液、気道分泌物、糞便に接触することで感染します。
ケンネルコフはいくつものウイルス、細菌などの病原体が複合して引き起こしている病気です。

その中でもイヌアデノウイルス2型、イヌパラインフルエンザウイルスが重要な役割を演じています。
そのため、この2つの病気に対するワクチン接種を行うことが大切です。


いつもお読みいただきありがとうございます

■院長 田代 雄太郎

当動物病院では、動物たちと飼い主様と獣医師でタッグを組んで、正面から向き合って診療・治療を行ってまいります。



■オンライン予約

時間指定をご希望のオーナーさまは、こちらからご予約ください。
オンライン予約はこちら

■動物病院専用ペットフード販売

当院ではドクターズシリーズを取り扱っています。
ペットの食事指導についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。
ペットフード販売はこちら

関連記事

  1. 仔犬・仔猫の寄生虫由来の下痢~コクシジウム編~

  2. 仔猫を保護したらどうしたら良い?

  3. 仔犬・仔猫の寄生虫由来の下痢~ジアルジア編~

  4. 潜在精巣(せんざいせいそう)、停留精巣(ていりゅうせいそう)、陰睾(い…

  5. 令和2年も発生。マダニが媒介する病気【SFTS】