仔犬・仔猫の寄生虫由来の下痢~ジアルジア編~

ジアルジア症とは

ジアルジア症とは、ジアルジア原虫が小腸に寄生することで起こる感染症です。 免疫力の弱い子犬や若齢の犬が感染すると発症しやすく、下痢、体重の減少などの症状が見られます(成犬で症状が出ることはほとんどありません)。 ご家族に迎え入れたばかりのワンちゃんネコちゃんは、体も小さいため環境変化のストレスでジアルジア症を発症しやすい状況にあります。

ジアルジアは休眠状態の嚢子型(シスト)と活動状態の栄養型(トロフォゾイト)という2つの形態を取ります。
シストに関しては非常に抵抗性が強く、外部環境においても長期間生存することが可能です。(2週間以上は生存できるとも報告されています)
このシストの状態のジアルジアを、食物や水と共に口から摂取してしまうとジアルジアに感染してしまいます。

症状

軟便、水様性の下痢、血便、嘔吐、元気消失

元気食欲があっても水分を多く含んだ便、繰り返す軟便には要注意です。

診断

顕微鏡による糞便検査とアイデックス社のスナップジアルジアを用いた抗原検査にて確定診断を行います。

スナップジアルジアは顕微鏡検査に比べ3倍以上の検出感度があります。さらに検体として新鮮便でけでなく冷凍保存した便、あるいは冷蔵保存した7日以内の便を用いることもできるため、当日便が取れなくても検査が可能な場合があります。

治療

治療にはメトロニダゾール(製品名:フラジール)という抗生剤を使います。

また、ジアルジアにはフラジールが効かない場合もあり、その場合はフラジール以外のニトロイミダゾール系の薬を投与することがあります。

軟便が数日続く場合は早めにご来院下さい。


いつもお読みいただきありがとうございます

■院長 田代 雄太郎

当動物病院では、動物たちと飼い主様と獣医師でタッグを組んで、正面から向き合って診療・治療を行ってまいります。



■オンライン予約

時間指定をご希望のオーナーさまは、こちらからご予約ください。
オンライン予約はこちら

■動物病院専用ペットフード販売

当院ではドクターズシリーズを取り扱っています。
ペットの食事指導についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。
ペットフード販売はこちら

関連記事

  1. 仔犬の咳!ケンネルコフ(伝染性気管気管支炎)について

  2. 令和2年も発生。マダニが媒介する病気【SFTS】

  3. ドックフードでどれを食べたらよいの?part1

  4. 潜在精巣(せんざいせいそう)、停留精巣(ていりゅうせいそう)、陰睾(い…

  5. 掻く、舐める、咬む、痒い!~かゆみの代表的な原因~

  6. 仔犬・仔猫の寄生虫由来の下痢~コクシジウム編~